就労移行支援事業所チャレジョブセンター仙台の1日。(あるメンバーさんの就活体験記)

見事、4月から仙台市の職員として働くことになったメンバーさん。

大学卒業も決まり、現在は就労に向けてもろもろ準備中です。

ずっと続けていたアルバイトも先月で終了。

 

チャレジョブに通い始めてから数ヵ月、

彼がどんな準備をしてきたのか、

障害との折り合いをどう乗り越えてきたのか

そして、内定までの経緯をぜひ聞いてみたいと思いました。

 

文章を書くのが少し苦手だという彼ですが、

敢えてお願いしてみました。(いじわるじゃないよ!)

****************************************

 自分はもともと障害者であることをオープンにせず就活をしていました。しかしうまくいかず障害者手帳を取得し、障害者ということを理解してもらった上で働ける職場を探す方向にシフトしました。その中で大学のキャリア支援課の方からチャレジョブ仙台を薦められ入所することにしました。

 入所して3週間がたったころ、国家公務員の試験を受けることになり、公務員の勉強を始めました。まずは一次試験対策。問題集を買っていただき、得意な分野を確実に解けるように繰り返し勉強しました。作文対策はとにかく規定の文字数を埋められるようにする勉強をしました。面接対策では自己分析を徹底的に行い、なぜ自分は公務員として働きたいのかを詰めていきました。そうした準備を元に国家、宮城県、仙台市の公務員試験を受け、仙台市の公務員試験で内定をいただくことができました。

 チャレジョブ仙台は、利用者と職員の距離が近く、和気あいあいとした空気の中で作業が出来ます。また相談も気軽に行うことができ、体調が悪そうな時などは職員さんから声をかけてくれるので、安心して作業が行えます。様々な経験を積ませていただき、感謝でいっぱいです。

****************************************

4月からの準備も忙しい中、素敵な体験記を書いていただき、ありがとうございました!

成長著しく、みごと希望の職種に就くことができたメンバーさん。

本当におめでとうございます。

今月いっぱいで卒業となりますが、(寂しい…)

あなたなら大丈夫、どんな荒波だって乗り越えられる!!

 

たまにはチャレジョブに遊びに来てね~emoji199.gif~


よろしければシェアお願いします

2020年3月に投稿したチャレジョブセンターの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP