就労移行支援事業所チャレジョブセンター仙台の1日。(あるメンバーさんの就活体験記パート2)

こんにちは!チャレジョブセンター仙台スタッフの〇賀ですemoji200.gif

落ち着かない日々が続く今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか? 

つい最近、ある企業様から内定をいただいたメンバーさんに、前回好評だった就活体験記の作成をお願いしてみました!

チャレジョブに通い始めてから内定をもらうまで

就活のなかでどんなことを感じ、どんな取り組みをしてきたのかを教えてもらいました。

あまりこう言ったものは書いたことがないとのことでしたが                         しっかり丁寧に振り返って書いてくれました!さすがです!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

私がチャレジョブ仙台を利用するに至った理由は、大学4年生の夏休みまでに進路が決まらなかったからです。9月になっても進路が決まらず、どうすればいいか迷ってしまい、大学のキャリア支援課に相談したところ、チャレジョブを勧められ、10月に見学に行きました。体験するなかで仙台市の障がい者向けの公務員採用試験を案内され、ここで勉強しようと思いました。そして、11月から正式に利用を開始しました。

チャレジョブ仙台では、仙台市の筆記試験までは公務員試験(高卒)の過去問の得意分野を中心に解き、その甲斐あって、筆記試験を通過しました。1月は自己分析を含めた面接対策を行いました。ただ、履歴書の内容をあまり覚えていなかったため、面接で履歴書の内容を聞かれてもうまく答えられず、結果は不合格でした。その後は就活に気持ちが進まず、ワードやエクセル、ビジネスマナーの習得に取り組みました。3月はある会社から見学の話をいただき、企業研究を行いました。見学では、採用担当の方が親切に対応してくださり、とてもうれしい気持ちになりました。その後、選考の案内が届き、チャンスを生かしたいと思い、苦手だった自分についての説明をうまく言えるよう努力しました。その結果、面接ではうまく説明することができ、内定をもらうことができました。

チャレジョブ仙台を利用して、就活の進め方を見つめ直すいい機会になったと感じています。また、今までしてこなかった自己分析を通じて、自分の障がいの特性を理解することができました。ここでは、スタッフの方々が親身になってサポートしてくれて、とてもうれしかったです。本当にありがとうございました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

入社前の準備で何かと忙しい中、書いていただきました。素晴らしい体験記ありがとうございます!

5月に入社を控えている現在も、スキルアップのためにと積極的に訓練に取り組んでいます。          その勉強熱心さは是非見習いたいです!

本当におめでとうございます!emoji199.gif


よろしければシェアお願いします

2020年4月に投稿したチャレジョブセンターの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP